上昇相場へ!?

こんにちは。
相変わらず日本の新コロの患者数は上昇の一途をたどってます。

日経新聞より
キャプチャ

ただ、相場に目を移すと、世の中の悲壮感とは違う動きをしているので興味深いです。
日経VIX指数が30台まで下落し、日経平均の値動きも落ち着きを取り戻しつつあります。
3月前半はアメリカでは連日のサーキットブレーカー発動と歴史的なことが起きていましたし、
日経平均にしても、毎日1,000円上下にブンブン振ってましたね(笑)

キャプチャ2


さて、今週の日経平均を見てみると、
キャプチャ3

一旦の大底を打って、上昇相場の芽が出ているように思います。
毎日、株探で新高値銘柄をチェックしているのですが、これまでマスク、創薬などかなり思惑銘柄が
数銘柄急騰しているだけって印象だったのが、今後の働き方改革、テレワーク等のアフター(ウィズ)コロナの世界に
期待した銘柄が上がってきている印象です。銘柄数も増えました(4月に入ってからは年初来高値となっているので注意)

キャプチャ4

パッと見た印象ですが、スーパー関係、情報通信セクターが強そうです。
特に、情報通信については、多くの企業が今回の決算発表で下方修正を出す中、堅調な数字を出す企業が多いです。

はんぶるもここ2週間くらいでいくつかの銘柄を試し買いしています。条件としては、日経平均より強い動きというのが
大前提で、保ちあい(ボックス)からの上振れ、カップウィズハンドルのパターンです。
当然、損切となる取引もありましたが、概ね含み益で今も保有中です。
今後、相場環境を見つつ、各個別株の動きに合わせて買増しもしていきます。


先日、ブログに書いた 8771イー・ギャランティ についてもいい動きをしていると思います。
コロナショックで倒産件数が増えることが予想され、同社のKPIである保証料率が上がることが期待されていると思います。
いま、良い動きをしている銘柄は今後大きく化ける可能性があるので、非常に楽しみに銘柄研究しています。

今後、市場は二番底、三番底の可能性は当然残っていますが、かつてない規模の金融政策で市場にお金をジャブジャブに
突っ込んでいる状態なので、いったん上昇し始めると物凄いスピード・勢いで上昇していくでしょう。
個別銘柄は市場より+αで上昇していくのでテンバガーも続出すると思います。

最後に、使い古された言葉ですが、
「強気相場は悲観の中で生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく」
やっと育ち始めたレベルかな????

それでは、STAY HOMEでご安全に~!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント