徐々に元の世の中へ??

一週間お疲れ様でした。

昨日は六本木周辺にいたのですが、緊急事態宣言時とはうって変わって、ルブタンで闊歩するラウンジ嬢(たぶん)で溢れていました。笑
飲食店にも客入りは良いようで、少しは元の感じに戻ってきたのかな~という印象です。
間違いなく皆さんマスクは着用されています。
※しかしながら、ウイルスが消えたわけでもなんでもないので、注意しましょう。

さて、相場に目を移すと、個人投資家が主戦場のマザーズはなんと、コロナ前の高値をブレイクしてきています。
キャプチャ

しかし、何でもかんでも上がるというわけではなく、上がるものは買い場がないほど上がり続ける。逆もしかりという感じですかね。
やはり情報通信、特にSssSが強いです。
また、コロナ渦の相場では、業績予想を出さないまでも、月次を出している銘柄も動きが良いです。これは売上(利益)が毎月出てくるため安心感が高いのが理由ではないでしょうか。(3923ラクス4776サイボウズ等)

コロナは全世界的に非常に大きなインパクトを与えました。まさしくバリエーションチェンジだと思います。

私はコロナが騒がれだしたころから、投資家として“今後世の中がどう変わっていくか”を考えてきました。キャプチャ80


第一波が収まった現在ですが、働き方改革もあいまって、企業ではテレワーク、会議はウェブで、脱ハンコ。という流れが当たり前になっています。この流れは今後、もう元には戻らないと思います。

世の中のみんなが、半信半疑で始めつつも、「え、意外とイケんじゃない?」ってなっているからです。
わざわざ寿司詰めの満員電車に乗っていくストレスも、何度も紙を印刷して、ハンコを押す生活に未練もないでしょう。


これまでは、なかなか変われなかった大企業もいやおうなしに変わるしかない状況になったのです。
ということは、上記のようなビジネス、サービスを行う企業にとっては、まさに棚ぼた。勝手に需要が何倍にもなりました。これは個別企業ではなく、環境のビッグチェンジです。

この流れに付随して、幸せの定義というものも変わっている気がします。昨今は物質的でなく、体験・経験が重視される傾向ですが、今後はさらに加速するように思います。もっと人間としての余裕とか。。。テレワークがもっと広まれば、東京等の都会にいる意味もあまりないかもしれません。

ちなみに余談ですが、志村けんさんは亡くなる1か月ほど前に、六本木で拝見しました。(目の前にドーンとえげつないロールスロイスが停車して、美女と出てきました笑)
あんな元気な、しむけんさんが、最高の医療を受けたはずなのにあっけなく亡くなってしまったのは衝撃でした。
その時に感じたのは、やはり幸せは物質的なものではないなと強く思いました。
確かにお金があれば不幸せは回避できる可能性が高いですが、お金で幸せは買えません。


話が脱線しましたが、このような世の中の常識を変えるような大きな事件は今後も起きると思います。
その時に悲観するだけではなく、投資家として冷静に今後の世の中の動きを想像することが非常に肝要だと思っています。


最後に、最近思っていること。
ブログの自己紹介でも記載しましたが、ぼくは2018年の年末にコテンパンにやられてます。

そんな中で2019年投資戦略フェアでここに座ってたボロボロの個人投資家が、当時と比べたらかなり資金も膨らみました。
損切は当然ながら、ルールを守り続けることで凡人でも爆発的に資産が増やせることを実感しています。
何より、“あきらめないこと”が一番大事なんだと思います。

上記の投資戦略フェアで一番心に残っているDUKE。さんの言葉
『すべてはあなたが投資家として大成功するための必要なプロセス』
これをあの時、あの場所で聞いてなかったら、はんぶるという投資家はこの世に存在しません。
33.jpg



だらだらと思ったことを書いてしまいました。
それでは週末もご安全に!!

はんぶる



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント