自利利他について

お疲れ様です。

先日の記事に引き続き、DUKE。さんの新高値ブレイク投資塾について
また、私の思いを綴りたいと思います。

当塾の方針の大きな核として、『自利利他の精神』で投資を行いましょう。とDUKE。さんは
掲げておられます。実際にCFC(https://cfc.or.jp/)に協賛され、僕も微力ながら協力させて頂いています。

自利利他、、、漢字のごとく、自分も潤い、他人にも共有しましょうという考え方です。
やはりシャンパンタワーの法則通りで、自分がまず潤ってないと、他人にまで気ってまわらないのが現実なんですよね。

そんな中で、突然ですが!!
私の一番好きな4文字熟語を2つ挙げます。(^^)(^^)/
”自業自得”、”因果応報”
です。

これは本当に昔から言っているのですが、何時も、えええ~って反応されます。
そのたびに説明するのが難儀なんですが、まず大前提として、僕の性格的に、
自分がやったことに対して、結果が出ることに最も喜びを感じます。
しかしながら多くの人が、先にあげた熟語を悪い意味で勘違いしていると思っています。

自業自得=自分の業(行動)を自分で得る
      因果応報=理由があって結果が伴っている

と考えると、めちゃくちゃ納得できませんか??

逆に理不尽に上司、先輩から言われてやらされていること事の方がよっぽど理不尽に聞こえませんか。
だって多くの人が意に介さず思いを捻じ曲げて一生懸命に無理して合わせているんでしょ~。

それに対して、投資の世界では正に自分の行いがすべてを決める世界なのではないかな~と思っています。
別に誰にやれともいわれない、こうしろと言われない究極の自業自得の世界だと思います。
はっきり言って貴方が相場の世界から居なくなっても誰も気にしない壮絶な世界です。
そんな世界で生き残っている“億り人”わが師、DUKE。さんのモットーが「自利利他」です。

おそらくこの30年くらいで多くの億り人が生まれました。
しかしながら、自利利他の精神で、ほぼボランティアのように
我々のような初級者投資家に対し、広く投資の勉強の機会を与えていただいた
DUKE。さんは本当に偉大だと思います。

そして幸運にも僕はDUKE。さんに師事できています。
この精神を後世にも伝えるべく、まずは自分が10億り人になります!!!!!!!(^^)

はんぶる



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント