9990サックスバー

東証P上場
小売業
PER12倍
時価総額 277億円
利回り  3.23% 



5/10の本決算でGUし、その後調整局面で窓埋め。
現在の株価水準と、次回の1Qの数字を勘案して投資アイデアとして妙味ありと判断しました。

9990_2023-07-21_20-55-30.png


同社は東京デリカを中心とした女性用バッグや財布の小売り専門チェーン。「サックスバー」が主力。
アフコロで旅行や外出機会が増えているのは体感通りなのですが、注目すべきは直近2四半期の営利率。
明らかに筋肉質の会社に変わってきている感じがします。

サックスバー1

決算短信によると、PB、NPB商品の増強云々とあります。これは継続性がありそう。
IRによると、下期が季節性として強い。しかし、セール等の安売りをせず、粗利率は以下の通り今後上昇傾向。
一方でインポート物は円安影響でネガティブ。
また、コロナ影響の退店で赤字店舗の縮減が営利率向上に寄与しているそう。

サックスバー2



説明資料を見ると、なるほどPB・NPBの粗利率が突出していることが分かります。
サックスバー3



主要子会社である東京デリカに関しては月次も出ていて、今期1Qについても好調に見えます。



サックスバー0

他の子会社の状況もおおむね同じ傾向と仮定すると、前年同期比約11%増の売上高。
特段一般管理費の急増もないようですし、粗利率に関しては一定とのこと。

とすると、ざっくり次回の1Q決算は、売上11,420百万円、営利914百万円と推定できます。
営利YonYで約4倍のサプライズ決算。
通期上方修正とはいかずとも上期の上方修正はくるかな~と想像しています。





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント